iho-taiseiron
NICHIJYO PHOTO 大成論 書籍

『医方大成論』16・脾胃*Instagram Image

『医方大成論』16・脾胃

  1. 脾胃は五穀を受けて、消化する部分である。
  2. 脾の脈は、常に沈細にして緩であることを好む。
  3. 脾胃を養生するには、飢えすぎない、飽きすぎない事が肝心である。生もの、冷たい飲食物は避けるべきである。
  4. 脾胃が傷つけば、嘔吐、泄、喘、腹が脹るなどの症状が起きる。

(メモ)胃腸は、季節、精神状態に大きく影響を受ける。また外部刺激からの緩衝材になる働きを持つため、日頃からの養生が大事。

画像は河村文庫よりお借りしました。


“Iho Taisei Ron” 16, Spleen and stomach.

  1. The spleen and stomach receives 5 grains and digests it.
  2. I prefer that the splenic pulse is always thin and loose.
  3. To cure the spleen and stomach, it is important not to be too hungry or tired. Raw foods and cold foods should be avoided.
  4. If the splenic stomach is injured, symptoms such as vomiting, excretion, panting, and abdominal swelling occur.

(Memo) The gastrointestinal tract is greatly affected by the season and mental state. Also, since it acts as a buffer material from external stimuli, it is important to take care of it on a daily basis.

The image was borrowed from Kawamura Bunko..

Instagram Image

from @hariyaiwata.
何気ない日常を撮ってみよう!というコンセプトで、主にiPhoneで撮影しています。
Posted by Intagrate Lite

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA