治療の道具


鍼屋岩田で使用する道具をご紹介いたします。
それぞれの道具には特性がありますので、適宜使い分けて体を治療します。

  
  
井上式長柄鍼 (いのうえしきちょうへいしん)
井上式長柄鍼

治療で主に使用。

銀の鍼で、長さ約6㎝、太さは0.15㎜(髪の毛ぐらいの太さ)です。

放射線滅菌が施されたディスポーザブル(使い切り)タイプをお一人お一人、新しい鍼を使用していますので、細菌やウイルスに感染することはありません。

鍉鍼 (ていしん)

鍼屋岩田のバネ鍉鍼

長さは、約11㎝。

クロムメッキ仕上げで、バネの反動で鍼先を調整して使います。この鍼は、ご覧のように鍼先が丸くなっており、ここを皮膚に軽く当てるだけです。

痛みや感染症の心配はありません。お子さんや鍼の怖い方でも安心して受けて頂けます。

知熱灸(ちねつきゅう)

鍼屋岩田で使用する知熱灸知熱灸の流れ

底辺は約1.5㎝、高さは約1.5㎝。小指の先ほどの大きさです。

体の広範囲を温め、血行を促進します。

知熱灸は、すべてを燃やすのではなく、患者さん自身が温かさを感じた時点で取り去ります。

「熱い方が効く」というわけではございませんので お灸のあたたかさを感じた時点で、我慢せず仰って下さい。気持ちよくお灸を受けて頂くポイントです。

糸状灸(しじょうきゅう)

鍼屋岩田の糸状灸

その名の通り、糸のように細いお灸です。とても小さく、局所的な治療に効果的です。
施術の最後に特定の場所にお灸をすえる事で、治療の効果を高め、長続きさせる効果があります。※写真では大きさ比較のために隣に米粒を置いています。
糸状灸は「熱い」と感じる時間はなく、楊子でツンとされた程度の刺激です。火傷(やけど)にもならず「熱さ」を我慢する必要もありません。