iho-taiseiron
NICHIJYO PHOTO 大成論 書籍

『医方大成論』8・「嘔吐」*Instagram Image

『医方大成論』8・嘔吐まとめ

  1. 人の体は、胃が主になって五穀を受容している。胃が消耗すると、食べられなくなるだけでなく、嘔吐することがある。
  2. 原因は多い。胃が虚している人、寒気や暑気に侵された人、脚気、妊娠、中毒、二日酔いの人などである。
  3. 瘀血が胃に溜まる人は、血を吐く。
  4. 寒さに侵された人は、脈は沈緊、四肢が冷たくなり、食べたものが消化されない。温暖薬を用いる。
  5. 暑さに侵された人は、脈は弦数、体が渇き、胸苦しくなる。清涼薬を用いる。
  6. 食べたものが消化されずに胃に残る人は、消化を促す治療が良い。

画像は河村文庫よりお借りしています。


“Iho Taiseiron ” 8 · summary of vomiting

  1. The human body receives five grains mainly from the stomach. When the stomach is exhausted, not only can it be eaten, but it can also cause vomiting.
  2. There are many causes. People who have a hollow stomach, people who are cold or hot, beriberi, pregnancy, poisoning, hangovers, and so on.
  3. People who have blood stasis in the stomach will exhale blood.
  4. If you are affected by cold, the pulse will sunken and tension, your limbs get cold and what you ate will not be digested. Use a warm medicine.
  5. People who are affected by the heat, the pulse will string-like and rapid, body thirst, chest pain. Use a refreshing drug.
  6. People who stay in the stomach without digesting what they ate are better for treatment that encourages digestion.

The image is borrowed from Kawamura Bunko.

Instagram Image

from @hariyaiwata.
何気ない日常を撮ってみよう!というコンセプトで、主にiPhoneで撮影しています。
Posted by Intagrate Lite

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA