iho-taiseiron
NICHIJYO PHOTO 大成論 書籍

『医方大成論』3・「暑」*Instagram Image

『医方大成論』3・「暑」まとめ
  1. 暑気は天では熱、地では火、人では心となる
  2. 症状は頭痛、口の渇き、手足が冷え、吐瀉
  3. 脈は沈伏
  4. 治法は、臍の下を温めること
  5. (メモ)いわゆる熱中症を指しています。暑気にあたると、体が冷えてしまうため、日陰で休ませてお腹を温めるのが治療法となります。

画像は河村文庫よりお借りしています。


“Iho Taiseiron” 3. “Syo(the heat)” Summary.
  1.  The heat is a heat in the sky, a fire in the earth, a heart in people
  2. Symptoms: headache, thirst, cold limbs, vomiting
  3. pulse is sunk
  4. The treatment is to warm the lower part of the navel.
  5. (memo) It is so-called heat stroke. Because it hits the heat and the body gets cold, it is good to rest in the shade and warm the Lower abdomen..

The image is borrowed from Kawamura Bunko…

 

Instagram Image

from @hariyaiwata.
何気ない日常を撮ってみよう!というコンセプトで、主にiPhoneで撮影しています。
Posted by Intagrate Lite

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA