iho-taiseiron
NICHIJYO PHOTO 大成論 書籍

『医方大成論』14・喘急*Instagram Image

『医方大成論』14・喘急

  1. 五蔵にはそれぞれ上る氣があるが、それを総ているのは肺である。
  2. 肺は冷えて清い空気を好む。
  3. 体の調節を失うと、肺氣が脹満して、喘となる。
  4. 七情の氣で五蔵を損傷すると、痰を生ずる。
  5. 滑脈で手足が温かい者はすぐ治る。

(メモ)喘急は即ち喘息のことで、秋(立秋〜立冬前日)に発症しやすい病の1つです。夏の不摂生により、調節機能を失った肺は、熱をもって喘息になりやすくなります。

画像は河村文庫よりお借りしています。


“Iho-Taisei Ron” 14, asthmatic.

  1. Each of Gozo has a qi that goes up, but Lung is in control.
  2. Lungs like cold and clean air.
  3. If you lose control of your body, your lungs will bloat and you will become asthma.
  4. If Gozo is damaged by the seven emotions, it will cause traps.
  5. Those who have warm limbs with a smooth pulse will heal immediately.

(Memo) Asthma refers to asthma, and is one of the most common diseases in the fall. Lungs that have lost their regulatory function due to unsustainable summer tend to become asthma with heat.

The images are borrowed from Kawamura Bunko..

Instagram Image

from @hariyaiwata.
何気ない日常を撮ってみよう!というコンセプトで、主にiPhoneで撮影しています。
Posted by Intagrate Lite

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA