iho-taiseiron
NICHIJYO PHOTO 大成論 書籍

『医方大成論』9「泄瀉」*Instagram Image

『医方大成論』9「泄瀉」まとめ

  1. 泄瀉とは、食べ物を下痢することである。
  2. 主な原因は、脾胃の虚弱、飲食過度、風寒暑濕である。
  3. 風に犯されると、浮脈、下すと血が混じる。
  4. 寒に犯されると、沈細脈、腹が激しく痛み、下すと青黒色になる。
  5. 暑に侵されると、沈微脈、しきりに水分を欲しがり、水様便となる。
  6. 濕に侵されると、沈緩脈、足腰が冷え、小便が自覚なく漏れる。下すものは黄黒色。
  7. 脾腎気虚は、明け方に1〜2度泄する。
  8. 治法の基本は、中焦を整え、水穀を分けてから、泄を止めることである。

画像は河村文庫にお借りしています。


“Iho-Taiseiron ” 9 “Chronic diarrhea” summary.

  1. Chronic diarrhea is the diarrhea of food.
  2. The main cause is splenic stomach weakness, excessive eating and drinking, wind and heat.
  3. If it is committed in the wind, it will be mixed with floe and blood.
  4. If you get cold, spondylotic veins, pain in the belly, it will turn blue and black.
  5. If affected by the heat, steric veins, persistently want water, and become a watery stool
  6. If affected by hemorrhoids, sedation, cold feet, urine undetected leaks. The ones that turn down are yellowish black.
  7. Splenic kidney void is drained 1-2 times at dawn.
  8. The basis of the law is to stop the excrement after putting in order and dividing the grain.

The image is borrowed from Kawamura Bunko.

Instagram Image

from @hariyaiwata.
何気ない日常を撮ってみよう!というコンセプトで、主にiPhoneで撮影しています。
Posted by Intagrate Lite

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA