iho-taiseiron
NICHIJYO PHOTO 雑記

『医方大成論』 18・諸虚*Instagram image

View this post on Instagram

『医方大成論』18・諸虚 . 1.諸虚とはさまざまな虚損のことである。虚損が慢性化すると、労極となる。 2.原因は、主に元々体が弱い・寒さ暑さに体が疲れることである。 3.症状は腰膝が痛む、軟便、めまい、小便頻回などである。 4.治療は、虚損したところを補い、温めることである。 . 画像は河村文庫よりお借りしています。 . . “Medical Taisei Ron” 18 ・ Various deficiency . 1. Various deficiency are various vacancies. When the impatience becomes chronic, it becomes a workforce. 2. The cause is that the body is originally weak and tired from cold and hot. 3. Symptoms include back and knee pain, loose stool, dizziness, frequent urination. 4. Treatment is to make up for the place where it was damaged and to warm it up. . The images are borrowed from Kawamura Bunko. .

A post shared by 鍼屋岩田 Hariya-iwata (@hariyaiwata) on

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA