iho-taiseiron
NICHIJYO PHOTO 大成論 書籍

『医方大成論』20・咳逆*Instagram Image

『医方大成論』20・咳逆

  1. 俗にいう「しゃっくり」のことである。
  2. 原因の多くは病後の不養生である。特に嘔吐・下痢の病後は胃が冷えて、しゃっくりになりやすい。
  3. 胃が虚せばしゃっくり、胃が実すればげっぷが出る。
  4. 胸のつかえ、めまい、動悸などを併発することがある。
  5. 胃を温めることが肝要である。

【メモ】しゃっくりは一過性の症状だと軽視されやすいですが、ここでは病気が深い証であると論じられています。
画像は河村文庫よりお借りしています。

 


“Medical Taisei Ron” 20・咳逆(gai-gyaku )

  1. It is a common “hiccup”.
  2. Many of the causes are ill health after illness. Especially after vomiting and diarrhea, the stomach gets cold and tends to hiccup. 
  3. Hiccups when stomach is empty, and burps appear when stomach is fruited.
  4. Chest grip, dizziness, palpitation may occur simultaneously.
  5. It is important to warm the stomach.

[Memo] Hiccups are easy to be neglected as transient symptoms, but here it is argued that the disease is a deep proof.
The images are borrowed from Kawamura Bunko.

*Instagram Image

from @hariyaiwata.
何気ない日常を撮ってみよう!というコンセプトで、主にiPhoneで撮影しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA