koyomi 東洋思想

もういくつ寝ると春?

もうすぐ花粉症の季節ですね。

もうすぐというのは、訳がありまして。

東洋医学では、暦通り季節が来る事になっています。

というのは・・・・

節分(せつぶん、または、せちぶん)とは、各季節 の始まりの日(立春立夏立秋立冬 )の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。江戸時代 以降は特に立春(毎年2月4日 ごろ)の前日を指す場合が多い。すなわち立春。春になる日です。
by Wikipedia

いきなり節分の説明でしたが、大事なのは、「すなわち立春。春になる日です。
という部分です。そう・・

まさしくになる日。

春というと桜が咲いて、チューリップが咲いて、入学式があってという景色を想像されると思いますが、それは違います。になる日。と言うことは、が始まる日❗️

始まりなので、当然0から始まります。だから、まだ寒いです。けど、自然界は春がスタートする日なので、

花粉を飛ばす準備や冬眠から起きる準備をし始めます。

なので、春は、もうすぐです☺️

昔の人って、ほんとすごいです。

 

 

1 thought on “もういくつ寝ると春?”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA